家族にお金を借りるのは少ない金額の時だけですね。

家族からお金を借りるとすれば、相当の覚悟が必要になってくると思います。
親に借りるのであれば、多くても10万円が限度で、兄弟にお金を借りるとしてもやはり10万円が限度だと思います。
それ以上のお金であれば、消費者金融に借り入れしないと相当家族間で揉めるのではないかと思いますね。

消費者金融にお金を借り入れする時は、出来るだけ大きなお金を借り入れする時に借りたいですね。
30万円とか50万円とかになると、お金を借り入れすること自体が親や兄弟には出来ないと思います。
逆に、3万円5万円とか少ない金額であれば、親兄弟に一時的にお金が必要だから貸して欲しいと言うことも出来ると思います。

家族にバレずに
お金を借りるということは、確実に心配をかけると思いますので、出来る家族に借りるようなことをしてはいけないとは思っています。
少ない金額を借り入れして、次の月にお返しするようにすれば、親も家族も安心すると思うのです。
お金に関してしんどい思いをするのであれば、自分がしんどい思いをしないといけないなと、常にその考えを持っているので、借り入れをしていることも明るみに出してはいけないと思います。

兄弟や家族は大きな金額でもお金を持っていれば貸してくれると思いますが、その貸してくれたお金を返す当てがないことが、自分の力のなさを痛感することがあります。
お金で苦労はしますが、人が稼いでいるお金を自分も稼ぐことが出来るようになりたいと思いますね。

Tags:

Comments are closed.