大人として恥ずかしいけれど

私は特に浪費癖があるわけではありませんが、主人の給料が徐々に減り年収で100万ほど少なくなっているので生活が苦しいのは当然といえば当然。

開き直っているわけでなく、入ってくるものが少なくなり、子供たちは日々成長してお金のかかる時期、毎日家計簿とにらめっこです。

家の家計を子供たちもわかっているので、贅沢は言わないし外食をしたいともいいません。でも、急な集金とかもよくあることです。

お金が足りないとき、そのときの多くは子供たちに借ります。子供たちはいろんな人からもらって、常に1万円くらいは持っています。なので、小さい額のときは高校生の子供にわけを言ってかります。

そしていつお金が入ったら返すことを明確にして、カレンダーなどに返金の予定を書き込みます。支払日に口座にお金のないときは、1万から3万くらいはカードローンで持っているクレジットカードからお金を借りて、仕方がないのでリボ払いにします。

本当はローン専用のカードを作ったほうが金利は安いのかも知れません。 http://www.nokkun.net/

本当はリボにしたくないですが、払えないともっと大変なのでリボにしてゆっくりと返済します。でもリボにして手数料がたくさん発生たときは自分への戒めに安いシャンプーを使います。そして自分をいじめながら、払い終わったらいつものシャンプーに戻します。

そうでもしないと、借りることが平気になりそうだからです。そんな地味な毎日で少ないお金をやりくりしています。

Tags:

Comments are closed.