かわいい扶養家族ですから。

我が家の猫の様子がなんだかおかしいと思った時には、時計は十時を回っていました。
いつもの活発な動きは感じられず、ひょこひょこと足も引きずっています。嫌な予感がしました。人間とは明らかに距離を置いています。

おかしいな、少し前まですぐそこで眠っていたのにと、猫を抱き上げてわかりました。
ホットカーペットでの低温やけどをおこしていたのです。今回で二度目です。

明日朝一で動物病院ヘ連れて行かなければなりません。でも、そこで困ったことがありました。
給料日一週間前で、お財布には三千円しかなかったのです。

うちの猫は今流行りの動物の保険には加入していないので、やけどの治療には一万円以上のお金が必要です。診察に処置代、薬代、その後の通院の事を考えれば、三万円以上かかってしまうかもしれません。家で消毒して給料日迄過ごそうかとも考えましたが、しかたありません。

翌日、車検費用にと積み立てしていた定期を解約しました。
しかたありません、かわいい扶養家族ですから。

Comments are closed.